インプロとは?

インプロって、もしかしたら初めて聞いたかもしれませんね。
インプロヴィゼーションの略で、日本語では「即興(そっきょう)」と言われるものです。

その場その場で型にとらわれず、自由に思うままに作り上げていく動きや演奏のことです。
ちょっとわかりづらいかもしれませんが要するにアドリブで色々なことをやっていくんです。
マニュアルも台本もありません。

必要なのは、あなた自身です。

日本ではまだまだ浸透していませんが、
変化対応力、アドリブ力、前向きな発想、提案力、創造力、プレゼン力、表現力、
集中力など座学ではなかなか身につかないスキルが身につくということで、

海外ではすでに企業研修として多数導入されています。

例えば、グーグル、マイクロソフトなどがインプロを研修として取り入れていたり
トイストーリーやモンスターズインクで有名なピクサーには、
なんと社内にインプロ部があったりもします。

自分の発想のカラを破りたいクリエイティブな人こそおすすめなのがインプロなんです。

では、
なんでこのインプロをしていくと「失敗するこわさ」がなくなるかというと、
インプロ中には、失敗することを強要するからです。

教養というと語弊がありますが、全員が瞬時のアドリブを求められます。
だから、絶対言葉に詰まったり間違ったアクションをしてしまいます。

どんな完ぺきな人でも、
もちろん、その道10年のプロの講師でも、誰でも必ず「失敗」するんです。

でも、、、
失敗すればするほどヒーローになれる!


失敗すると祝福される環境!

というのがインプロの大きな特徴なんです。

子供が何であんな独創的なのでしょうか?
それは「失敗」という発想がないからですよね。

発想がないからどんどん新しいことをやったり、
無謀なことにチャレンジしたりします。

一回転んだからって立つことをやめる赤ちゃんはいませんよね(笑)

でも、成長するにつれて、「失敗=悪」という価値観が植えつけられていきます。

誰だってそうです。失敗が怖くない人なんていません。

でも、必要以上に怖がってしまうことで、
自己開示できなかったり、冒険できなかったり、自由な発想が出来なかったり、、、
表現の幅が制限されているのが私たちです。

でも、インプロでは失敗を称賛する場を作るので、
そもそも「失敗=良いこと」という価値観でレッスンが進んでいきます。

だから、
どんどん失敗が怖くなくなっていき、
どんどん自己開示をして、
どんどん冒険をするようになって、
どんどん自由な発想が出てくるようになるんです。

結果、
?変化対応力、
?アドリブ力、
?前向きな発想、
?提案力、
?創造力、
?プレゼン力、
?表現力、
?集中力、、、

といった座学では決して身につかないような力が
インプロを通して養われていくのですね。

インプロを始めてみる!

インプロトレーニングの年間カリキュラム

インプロトレーニングは以下のような年間カリキュラムで行います。
毎月テーマを変えて一つひとつトレーニングして、表現力を身につけます。


※セミナーの流れによっては一部内容が変更する場合がありますのでご了承ください。

インプロトレーニングはこんな感じです。

会場の関係でまずは15名を定員とさせて頂きます。

一人でも多くの方にインプロの良さを知ってもらいたいですが、
まずは15名のみを定員とさせて頂きます。

もしピンときたら、是非ご参加ください。
その「良い!」と思った直感が更に磨かれますよ☆

インプロに参加した方の声!


藤本真之助さん


松尾スミレさん

アンケートもたくさんいただきました!

アンケートもたくさんいただきました!

インプロトレーニング概要

最短1日で「目の前の人を癒す」スキルが習得できる!ウォームハンズセラピスト養成講座
セミナー概要
日程 毎週火曜日
時間 19時~21時半
会場 申込ボタンを押した後のページに記載
住所 申込ボタンを押した後のページに記載
定員 各日15名限定
参加費 1回チケット  5,000円
3回チケット  12,000円(1回あたり4,000円)
6回チケット  21,000円(1回あたり3,500円)
12回チケット 36,000円(1回あたり3,000円)
講師 大浦さやか
今すぐ下記ボタンをクリックしてお申込みください


インプロを始めてみる!

大浦さやか

大浦さやか

インプロ暦19年。講師歴12年。
即興エンターテインメント集団「インプロモーティブ」主宰を12年務めた後、 現在は即興歌劇団「ハイスピリッツ」代表として活動中。
これまで「インプロワールドカップ」「インプロフェスティバル」等、数々のインプロ公演に出演。
500以上のステージに立ち、50作品を超える舞台をプロデュースする、日本に数少ない「インプロ(即興劇)」講師。

明るく楽しく笑顔になるワークショップを展開。
ワークでは「気づく、感じる、活かす」ことをモットーとした、
参加者とともに考える「参加型」のセミナーを展開。
これまでの受講生は5,000名を超える。

インプロを始めてみる!